Klaus Schulze
Irrlicht (1972)

Brain / Polydor POCP-2401 - total time : 50.27

  1. Satz Ebene 23.23 第1章 平原
  2. Satz Gewitter 5.39 第2章 雷雨
  3. Satz Exil Sils Maria 21.25 第3章 シルズ・マリアの追放
  4. Dungeon (Bonus Track) 24.03 : Revisited only

Recorded: April 1972, Berlin

クラウス・シュルツェの1stソロアルバム。 タイトルは「鬼火」という意味。 もともと「オーケストラと何かのための〜」なる現代音楽風サブタイトルが付いていたが、このCDではクレジットされていない。 また、共演オーケストラについては契約上、明かせないらしい。 本作はシュルツェの作品の中でも、最もヘヴィーで過酷なコンセプトを感じる作品だ。 まるで地球崩壊のような鬼気迫る50分間である。

生オーケストラとも、メロトロンともつかないような、深いエフェクトのかかったストリングスでスタートする。オルガンやシンセサイザ(ここではシンセが使われていないとの説もあり、発振器による音源かも)が加わり、冥想的な持続音が延々と続く。レコーディング時、ストリングスのメンバーから「同じ音程を弾き続けるなんて、意味無いじゃん」と苦情が出たらしいが、結果は聴いての通りである。えっ、やっぱり無意味って?ならば、この辺で止めておいた方が無難である。曲というよりも、「グワーッ、グゥオーッ」という音塊、とした方が正しいかもしれない。時間が進むと、重厚なパイプ?オルガンが加わり、非常にゆっくりとしたフレーズがラウドに演奏される。これも、ひたすら鍵盤を押さえ続ける、とした方が正しいかもしれない。オルガン演奏は少しづつ熱を帯びて、いつの間にか鍵盤を激しく乱打し、ハードな演奏に変貌する。一体いつまで続くのか、と思った矢先に、轟音と共にかき消され、鋭い発振音が耳に突き刺さる。まさに戦慄の瞬間だ。このCDでは、ここからトラック2。逆回転テープ?や発振音がこれでもかと暴れまくり、29分に及ぶ旧レコードのA面が終了する。

そして「シルズ・マリアの追放」。タイトルのシルズ・マリアは、スイス・アルプス地方の地名で、風光明媚な場所。Sils湖、村、山岳風景とのイメージらしい(違ったらゴメン)。悲しいメロディとも言えないような持続音が続き、次第に不気味なノイズが渦巻きはじめる。持続音は独特の唸りを発し、異様なムードに。シュルツについて全然知らない人にコレを聴かせると、100%嫌悪感を持って「何?これ?」という反応があるに違いない。ここを乗り越えると、なんとも言えない快楽の世界に堕ちていくことができるのだが。やがて唸りは鳴りを潜め、21分を越えるダーク・サウンドの饗宴は終息する。

Revisited版ボーナストラックDungeonは、初期のデモテープ的な趣きです。 手元に資料が無いので断言できませんが、'70年代前半に録音されたものに違いないと思われます。 シンプルな構成で乾いたサウンド、おまけにシュルツェ節もほとんど現れません。 導入部は不気味なドローン、そしてストリングス系の単音が延々と引っ張っていき、 ギターシンセ系のソロがウネウネと絡みます。 後半にはホワイトノイズがザーーと鳴ってるだけのパートもあって、かなり荒削りな印象。 Pink Floyd / Shine on you crazy diamond イントロ部分の動きを重くした雰囲気、と例えれば分かりやすいでしょうか。 お薦めとまではいえませんが、シュルツェの実験性が生々しく現れている、興味深いトラックと思います。 音質は、若干ざらつく部分がありますが、オリジナルマスターに起因するのか、 リマスタリング失敗に起因するのかは判りづらいです。 Revisited版の本編は未聴。 eMusic配信で入手。



裏表紙
オリジナル版(参考画像)

CDジャケットはリイシュー版で、オリジナル版 (Metronome盤LP) とは異なります。 オリジナルは「土星」マークのようなイラストで、シュルツェ自身によるデザイン。 このCDはBrainからのリイシュー版ジャケットになります。 個人的には、Urs Ammanによるリイシュー版イラストの方が作品の雰囲気にマッチしているので、好みです。

初期作品に関して、オリジナル・リリースは本作と次回作「Cyborg」がOhrから、「Blackdance」以降がBrain Metronomeからでした。 これら作品は、世界各国のレコード会社にライセンスされ、作品ごとにライセンス形態が異なります。 Spalax, Virgin, Islands, ThunderBolt, Magnum, Manikinといったレーベルを確認できますが、 これらは全て廃盤になっており、2005年からInsideOut系列のRevisited Recordsから順次リイシューされています。 リマスター、ボーナストラック、アートワーク改善など非常に楽しみなリイシューでしたが、 ふたを開けてみると、ノイズ+歪だらけの粗悪なマスタリング、時間切れ不完全収録もあるボーナストラック、 アートワークの印刷ミスなどなど問題点が多すぎて、大いに失望させられました。 筆者はこのシリーズ購入を凍結しましたが、eMusicからダウンロード可能(一部作品を除く)になったので、 レビューを掲載できる運びになりました。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT