Klaus Schulze
[末尾]


blackdance (1974)

Recorded: delta acoustic studio, May 1974, Berlin
次回作Picture Musicよりも後に録音された作品。 これから約1年後にTimewindが録音されるが、本作はTimewindに比べてアコースティックな響きが目立つ。 シュルツェのマルチプレーヤぶりが発揮された作品だ。

Virgin CDCA2003 - total time : 48.09


  1. Ways Of Changes 17.11
  2. Some Velvet Phasing 8.28
  3. Voices Of Syn 22.29
  4. Foreplay (Bonus Track) 10.33 : Revisited only
  5. Synthies Have (no) Balls? (Bonus Track) 14.42 : Revisited only

Klaus Schulze :
synthesizer, organ, piano, purcussion, phase-trumpet, 12-string acoustic guitar, orchestra
vocal by Ernst Walter Siemon (verdi-collage)

#1は内省的なオルガンに導かれ、アコースティック・ギターが妖しく響く。 そしてアップテンポなリズムマシン?にラテンパーカッションが性急なビートを刻む。 バックは分厚いオルガンとシュルツェ節、そして電子ノイズ。 たまにビートが退くと、Cyborgっぽく聴こえることも。

#2はノンビートでうねりのある電子音。やはりCyborgに近いか。

#3はアヴァンギャルドなトラックで、この時期の一連の作品に比べると、異色な響きを持つ。 男性バリトンボイス・ソロがフェイドイン。そしてシュルツ節のオルガン隊。 空ろなオペラがしばらく続く。 その後、性急なビートが割り込んで、人力テクノ風のダンストラックになる。 単調だが奇妙なビートがラストまで突っ走る。

Revisited版ボーナストラックは、2曲で一つの作品になっています。 うねるような効果音と雷鳴、そしてメロトロン・コーラス隊。 Velvet Voyage (Mirage)、あるいはMindphaser (Moondawn) 導入部のデモトラックみたいなイメージでしょうか。 しかし、次第に極端なピッチベンドが入って、異様にゆがんだサウンドになっていきます。 ストリング・シンセが加わると、いつの間にか次トラックへ。 そしてクライマックスを迎えると、ちょっと不器用な感じのドラムスが入ります。 分厚いシンセ群と、リズムセクション。 やはりシュルツェ自身のドラムスかなぁ? 終盤はテープが回転ムラを起こして、壊れたようになってしまいます(笑)。 一言でいえば、個性的で面白いボーナストラック。 音質は良いですが、マスターテープに若干の傷みがあるのが残念です。 完奏終了。 Revisited版の本編は未聴。 eMusic配信で入手。



裏表紙
見開き

Cover by Urs Amman
本作のオリジナルはBrainからのリリースだが、同時にVirginにもライセンスされていた。 「Timewind」も同様のライセンス形態である。掲載ジャケットはVirgin版。 Brain版の表紙はトリミングがキツく、面積の半分くらいがカットされている。 見開きの左半分が気になるなぁ(オリジナル・アナログは見たことないし)。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT