姫神
[末尾]


マヨヒガ (1995/07/21)

従来、姫神はシンセサイザ主体のインストゥルメンタル・ユニットだったが、1990年代中頃から歌や合唱を積極的に取り入れるようになった。この方向転換は前作「東日流(つがる)」でスタートしたようだが、筆者は未聴である。本作でも、民謡を思わせるボーカルがフィーチャーされ、まさに民謡クラブ・サウンドというべき、好演作品だ。

[Track List]

Pony Canyon
PCCR-00154

Track List :
  1. 明けの方から
  2. 琥珀伝説
  3. 花鳥巡礼
  4. 白鳥招来
  5. 山の神
  6. 日高見国
  7. 都母之謡
  8. 蒼月、中天にありて
  9. 風のうた
[Listening Report]

#1冒頭から「うぉおぉっ!」と掛け声が入り、何やら民謡のような歌声が。詞は「明けの方がら福大黒舞い込んだら」だそうである。「明けの、明けの、明けの方がら、あっ、あっ」という調子で、サンプラーもぴったりはまり、ナイスなダンスミュージックに仕上がった。以降レビュー予定。

ジャケットは、コラージュ・アートの第一人者で、細野晴臣との共演「コチン・ムーン」で知られる、横尾忠則氏である。一目見て、それと分かるほど。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT