FAUST
[末尾]


ravvivando (1999)

本作は活動再開後の近作である。サウンド的には、初期のアルバムを意識したものになっている。ただ、1stアルバム程、異常ではない。

[Track List]

klangbad
frav 199

Track List : 56.00
  1. ein neuer tag 4.17
  2. carousel II 2.44
  3. wir brauchen dich #6 7.22
  4. four plus seven means eleven 7.06
  5. take care 4.08
  6. spiel 0.40
  7. dr' hansl 1.30
  8. apokalypse 4.29
  9. D. I. G. 5.28
  10. du weißt schon 2.43
  11. livin' tokyo 8.42
  12. t-electronique 6.51
Zappi Diermaier
Ulrike Helmholz
Hans Joachim Irmler
Steven Wray Lobdell
Lars Ppaukstat
Michael Stoll

[Listening Report]

曲数は多くなっているが、トラック1〜4と、トラック5〜11は連続しているので、2つの組曲と独立した最終トラックで構成される。最初のメドレーは、2曲目の聖歌風オルガンを除いて、混沌としたサウンドが渦巻くヘヴィ・ロックである。目立った展開は、オルガンが割り込んでくる部分と、オルガンにロック演奏が割り込んでくる部分くらいかなぁ。残響を残すフェイド・アウトで終了。
トラック5から2番目のメドレー。ブレイクビーツ調の、何やら叫び声が聞こえるロックだが、ヘンテコな効果音に引き継がれる。トラック7は調子っ外れな歌が入るワルツ。続く曲は、プリンスのLRC(dance mix)のイントロみたい。以降も、どこか壊れかけた曲が続く。

Back view CD catalog Inner

見開き広告によれば、本作のアンビエント・ミックスなるアルバムが予告されているが、発売されたのでしょうか?


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT