David Sylvian ・ Holger Czukay
[末尾]


Plight & Premonition (1988)

ホルガー・シューカイとデヴィッド・シルヴィアンのコラボレーション第1弾。全編インストゥルメンタルで、シルヴィアンのボーカルがお好きな方には、少々キツい作品かもしれない。 もともと本作は、即興演奏主体で録音されたが、前半はシューカイによる大胆なミックスが施され、オリジナルのテープとは大幅にイメージが異なるとされる。一方で後半は、ほぼオリジナルの雰囲気になっているそうだ。両者の聴き比べも、一興だろう。

[Track List]

Venture
2-90904

Track List : 34:53
  1. Plight (the spiralling of winter ghosts) 18.30
  2. Premonition (giant empty iron vessel) 16.21
[Listening Report]
Holger Czukay : radio, organ, sampled piano, orchestral and environmental treatments
David Sylvian : piano, prepared piano, harmonium, vibes, synthesizers, guitar
Karl Lippergaus : radio tuning
Jaki Liebezeit : infra sound
recorded at CAN studio Cologne West Germany 1986-87

全編、ノンビートで実験的なアンビエント。
#1(誓い)は、廃墟に差し込む月光のような、美しいながらも、冷たく不気味な空気に包まれている。Tangerine Dream の Sudden Revelation というトラック(
Canyon Dreams収録)を連想。
#2(予感)は、やはり実験的ながら、どことなく暖かく、安らかな雰囲気だ。ピアノ、シンセ、ラジオのサウンドに導かれる、内省的アンビエントの傑作。次回作 Flux + Mutability とセットで楽しみたい。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT