Cusco
[末尾]


Cusco 2 (1981)

間を置かずにリリースされた第2作。今度は場所を山に移しただけに、より南米フォルクローレ指向を強めたように思える(1曲目だけかもしれないが)。

CBS SONY 28DP5152 - total time :


  1. Bodensee 4.50
  2. Lake Of The Ozarks 3.49
  3. Nanga Parbat 3.32
  4. Aetna 3.41
  5. Konigsee 2.56
  6. Kilimanjaro 3.43
  7. Lake Erie 3.44
  8. Athos 3.30
  9. Fujiyama 3.32
  10. Lake Victoria 4.34
  11. Machu Picchu 4.06
  12. Baikal Lake 2.23

本作も前作同様、かなりの話題作だった。良く出来たトラックも多いので、ざっと聴いてみよう。

#1は先に述べたとおり南米フォルクローレ指向を強めたトラックで、緩急の差が極端。 南米演歌?っぽい緩慢なフレーズの後、唐突にリズム隊がドタバタ、という感じでスキップ。

#2以降は前作に近いが、ギターが若干後退したかな。ハワイアンギターは一掃され、◎。

#8は、一番のお気に入り。いわば、姫神「翼」、荒井由美「やさしさにつつまれたなら」の系統です。

#9は Mt. FUJIでもFUJISANでもなく、FUJIYAMA。FUJIYAMAといえばコレでしょう、やっぱり。 で、どこがフジヤマやねん?とツッ込みを入れたくなるのは、前例のとおり。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT