Conrad Schnitzler
[末尾]


Con/Solo/1 (1999)

この作品は、100セット限定リリース8枚組みCD-Rの、4枚目。
Soloと題されるシリーズは、いわばリミックス素材集で、リスナー自身が自由にミキシングし、新たな作品を生み出せるとのコンセプトになっている。Soloは既に多数プライベート・リリースされているが、この Con/Solo/1 は数あるSolo音源から選りすぐったものといわれている。もう1枚のディスク Con/Solo/2 も同様。 最も簡単なミックスは、2台のCDプレーヤを用意し、2枚同時再生すればよい。再生曲順や開始タイミングに規定はなく、理論上、毎回新ミックスを楽しめることになる。
各トラック共に曲名は付けられていない。

[Track List]

Private release
CON 113

37 tracks, total time : 69.18
[Listening Report]

まずは、単体で聴いてみる。リミックス用なので音数は少ないが、個性豊か、かつ表情豊かな電子音たちが沢山詰まっている。ミックス前の「生」な電子音を浴びることで、シュニツラー・サウンドの神髄を楽しめる。

#1から、テスト用信号みたいなものが聞こえてくる。以降も、モジュレーションかけまくりの電子音、単音シンセ、エフェクタを通したノイズランダムなリズム、耳をつんざく金属音、ぐちゃぐや音の速回し、などなど。。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT