Conrad Schnitzler
The Cassette-Concert Series No.1
[末尾]


Blue Glow 1972-1979 (1994)

工事中。「青い紅潮」

[Track List]

Artgallery
AG 003 CD

track list : 60.37
  1. Blue Glow 4.07
  2. The Awakening 5.01
  3. Voltage Dance Steps 4.15
  4. Attack Of The Fast Breeder 5.29
  5. Fly Of The Electric Waves 3.35
  6. Suspensions Of The Electron Collider 6.18
  7. Wandering Of The Inert Gas 2.28
  8. Reactivation Of The Electron Repelling 1.25
  9. New Dawn 3.57
  10. New York - The City Of Light 3.56
  11. Gaz Journey In A Bulb 4.03
  12. Elastic Banjo Takes A Stroll 4.08
  13. Dotted Lasso Whirling Simulations 4.05
  14. Closed Loop System 4.06
  15. Shrieking Alarm 4.02
[Listening Report]

tracks 1- 10 were originally released as T2 (Cas - Transmitter Cassetten, 1972)
tracks 11- 15 are taken from T4 (Cas - Transmitter Cassetten, 1980)

T2は、メタリックで表情豊かな電子音と、音程感の不明瞭なシーケンスが絡み合う、とてもファンタジックな作品だ。#2や#5は珍しく一定メロディのリフレインが現れる。シリーズの冒頭を飾るだけに非常にバランスの良い作品と思う。そして、とても'70年代初頭に作られたとは思えないほど、近未来的なイメージに満ち溢れている。蛇足ではあるが、Eddy Jobson / Theme of secrets の2曲目は、本作品に酷似しているので、チェックしてみて下さい。アニメ「うる星やつら」のシンセ効果音みたいなのが、いっぱい出てくると思えば分かりやすいかもね。
一連のイメージは#7までで、以降は傾向が異なる。#8では、突然ノイズっぽいシーケンスが耳を掻き毟ります。#9は、いかにもベタに宇宙的イメージのノンビート・シンセ音楽。#10は、町の騒音を録音したミュージック・コンクレートみたいなものです。

T4からのトラックも、#1-#7に近い感触だが、音楽というよりも、よりSF的な機械のようなパターンを思わせる効果音かもしれない。

曲名はArtgallery盤にクレジットされたものだが、ご本人作成のCD-Rでは全て無題になっている。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT