Conrad Schnitzler
[末尾]


00/015

Elecs/Melo/Rhyth/Perc 2.11.90
CONさん直販のプライベートCD-R作品。録音は1990年代以降。 分子の00は定義不明、 分母の015は通し番号で、2004年初現在で200を越している。 また、サブタイトルは作品の傾向を示したもので、 エレクトロニック、メロディアス、リズミカル、パーカッション有り、となる。 非常に「音楽的」な作品だ。

total time : 62.24


  1. 21 untitled tracks

各曲、2分〜4分台の短編で、メロディアスなクラシック系現代音楽。 ブラス、ピアノ、ストリングス、パーカッションなど比較的アコースティックなサウンドだが、 シンセやサンプリングによる打ち込みと思われる。 全体的に、スキップするようにリズミカルで明るく、いわゆる「現代音楽」にありがちな暗さや重さは感じられない。 公式作品では、Con Brioに近いと思う。 これをジャジーにアレンジしたら、Computer Jazz風になる。

変態電子ノイズはほとんど聴かれず、終始「マトモな音符」であるが、もちろん例外もある。 たとえば#7など、うねるような電子音に単音ピアノがビンビン鳴ったり。 ラストは叙情的なアンサンブル(現代音楽だけど)で締め。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT