Cluster
Sowiesoso (1976)

SKY CD 3005 / Captain Trip CTCD-598 - total time 38:06


  1. Sowiesoso 8:11
  2. Halwa 2:51
  3. Dem Wanderer 3:54
  4. Umleitung 3:28
  5. Zum Wohl 6:54
  6. Es war einmal 5:25
  7. In Ewigkeit 7:23

Alle Titel von Dieter Moebius, Joachim Roedelius
Aufgenommen 1976 in Forst und gemischt in Conny's Studio
Photos : Christine Roedelius und Jörg Winkhaus Cover Arno Hinz Cluster 3454 Forst

「どっちみち」と題された、Clusterの4作目。 BrainレーベルからSkyレーベルに移ってからの第1弾でもある。 時期を同じくしてBrian Enoとのコラボレーション作品(Cluster & Eno およびHarmonia名義の発掘音源 Tracks & Traces)を録音しており、このコラボがアンビエント・ミュージック(環境音楽)の先駆けとなったとされる。 後の音楽シーンに与えた影響は計り知れない。

試行錯誤的で「どこか壊れたような拙さ」が感じられる以前に比べると、音楽的な完成度が大幅に上がっている。 全編にわたってメランコリックで美しいフレーズと、繊細な電子音のハーモニーで散りばめられている。 軽快なリズム、メロディアスでリリカルなリフレイン、淡々としたリズムギター(これはHarmoniaで共演したミヒャエル・ローターの影響だろう)、軽やかなエレピ、森の中を渡る風のような情緒を感じさせるシンセ音が特徴だ。 本作の適切にレビューするには、多少なりとも詩情が必要で、筆者としても辛いところである。

アルバムコンセプトなんて、まったく無いんだろうなぁ。あえて言えば、前半(#1-4)は朝の情景、後半(#5-7)は午後から夕方という感じだろうか。#1は繊細でクールなミニマル。リズムマシンも入るが、ごくごく控えめな、ポコポコした音に抑えられている。高原の朝、窓から差し込む光、緑が香る風のよう。朝の目覚めに最適。#2と#3は妖しげなメロディで、朝もやが次第に晴れていくようなイメージ。#4は正午が近づき、おなかが空いたよ、太鼓がドンドン(グルーヴ感は皆無)、掛け声わいわい、ってな雰囲気(笑)。しまいにはカウベルもカラカラ鳴る。

後半の出来は、とくに素晴らしい。#5は心地良い日差しと風の中での、午後の惰眠。#6の叙情的なメロディは、本作でも髄一。懐かしい過去への追想。#7、日はいよいよ西に傾き、アンバーに染まった木々と草原。静寂にして平和なひととき。 繊細な電子効果音が彩りを添えている。

本作はCluster作品においても名盤中の名盤だが、入手にあたって以下の点に注意が必要である。
初期のCD(SKY CD 3005)ではタイトル曲(1曲目)の導入部が約50秒ほどカットされている。 本来ならば、リズムマシンがポコポコ鳴りながらスタートして、性急なベース・シーケンスが加わり、そしてギター他のリズムセクションが始まるのだが、初期CDでは大半のパートが既に鳴っている状態でフェイドインする。 ミックスも若干違うのでは?という気もするが、マスタリングの相違かもしれず、詳細は未検証。 どちらもマスターに起因するザラつき(ノイズ)がある。 Captain Trip Recordsが完全版の初CD化を成し遂げた。 現時点で、どのカタログが完全版であるかは把握しきれていないが、#1の演奏時間が7:19前後であれば、それはカット版である。 中古盤購入にあたっては、ミスの無いように確認しよう。

次回作となる "Cluster & Eno" は、本作の延長である、と言える。またローデリウスのソロ作 "Jardin Au Fou (愚者の庭)" も同傾向である。本作が気に入られた方は、併せて入手をお薦めする。



裏面
初期CDジャケット

ジャケットの写真は、かつてローデリウスが住んでいた場所だったが、原発建設の影響でヴィエナに越さなければならなかったそうだ。 撮影はローデリウスの妻、クリスチーネ。 オリジナル・ジャケットはシルエットだが、初期CDでは逆光対策のストロボを使用した画像(裏面)になっている。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT