Zuckerzeit (1974)

Cluster
Jacket sample Jacket sample
(Brain/Polydor POCP-2386)

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

作品紹介

「砂糖の時(甘美な時間)」と題された、クラスターの第3作目。 このアイテムもポリドールからの「ジャーマン・ロック・コレクション」だ。
サウンドの傾向は前作「Cluster II」までとはがらりと変わり、嘘のようにポップでリズミカルである。 これといった旋律を持たない電子音は影を潜め、リズムマシンを大胆に導入した、エレクトロ・ポップな曲が目立つ。 ただし、リズム感は良くない。 また、1曲の演奏時間も2〜4分台と短くなった。
共同プロデュースでクレジットされているミヒャエル・ローターは、クラウ・スディンガーとのユニット、NEU!でお馴染み。 本作以降、クラスターはミヒャエル・ローターと共にハルモニアHarmonia名義で2枚の作品(Musik von Harmonia / De Luxe)を相次いでリリースし、続いて次回作「Sowiesoso」を発表している。 ハルモニアの2作は、本作の延長といえるものだが、Sowiesoso では再び傾向を変えて、アンビエント指向となる。
各トラック毎にメビウス作曲、ローデリウス作曲と分類されているので、それぞれを聴き比べるのも、楽しみ方の一つだろう。 叙情的なローデリウス、ヘンテコなメビウスという傾向が既に現れている。 今一つのリズム感は、双方に共通(笑)

Moebius : 2, 3, 5, 7, 9
Roedelius : 1, 4, 6, 8, 10

Produced by Dieter Moebius, Hans Joachim Roedelius, & Michael Rother


収録曲目

Track Time Title
1 4:48 Hollywood
2 2:58 Caramel
3 6:18 Rote Riki
4 4:10 Rosa
5 3:57 Caramba
6 4:21 Fotschi Tong
7 3:21 James
8 3:14 Marzipan
9 2:40 Rotor
10 2:21 Heisse Lippen
Total 38:08


曲目紹介

Hollywood(ハリウッド)
いきなり旧式の「リズム・ボックス」でスタートする。ひたすらレトロに「シャカシャカ、ポコポコ」鳴っていますが、実は変拍子。バックはシーケンサやギター、手弾きキーボードによる多重録音だと思うけど、なんとなくリズムがバラバラに聞こえるのは気のせい?
Caramel(キャラメル)
このトラックも「リズム・ボックス」を使用している。こちらは変拍子ではない。単純なリフにフニャフニャしたシンセ・ソロが加わる楽しい曲。切れ目なく、次トラックへ。
Rote Riki(紅色のリカ)
フニャフニャした電子音の漫才から、ちゃっか・ぽっこ、とルーズなビートに奇妙なシンセ音。珍妙ながら例のリズムボックスが聞こえないので、古びないで聴ける。
Rosa(薔薇色)
ミニマル系のシンセ多重録音。トランスというよりも、何だか沈殿するような印象を受けたのでした。ざらつき気味(クリックノイズ多し)の音質か、あるいはリズム感の悪さが原因か??
Caramba(?)
2コードの繰り返しで、シュワシュワァーッという妙なリズム音(ノイズ)が入る。四つ打ちテクノ?ながら乗りは悪く、だらけたギターが加わって、余計に混沌としていく。これも沈殿系。
Fotschi Tong(?)
割にメロディのはっきりしたミニマル。しかし、またまた沈殿系。
James(ジェイムズ)
多重録音エレクトリック・ギターによる、ダラダラとしたミニマル音楽。グルーヴ感は皆無で、やはり沈殿系。
Marzipan(マルチパン、杏入りお菓子)
トラック1の変奏曲みたいだが、音数は少なくスッキリしている。アルバム通して聴いていると、そろそろ飽きてくるが、聴き所は次の2曲、ということで。
Rotor(回転部)
ちょっとドタバタした感じの、コミカルで軽やかな短編。個性的なリズムパターンを用いた、可愛らしいミニマルである。アンビエントな残響で終了。
Heisse Lippen(熱い唇)
叙情的なリフレインでスタートするこの曲は、アップテンポのリズムマシンとメロディアスなシーケンスで駆け抜ける。基本的にミニマルだが、親しみやすい曲。このアルバムでは、最もリズム感の良いトラックでしょう。途切れるように終わります。


音質評価

音質の善し悪しは、トラック毎にバラツキがある。クリアなトラックもある一方、宅録のような危うさも混在する。 なおCD版は、オリジナルLPと若干のミックス違いがあるようだが、詳細は未確認である。


ジャケットについて

見開きのモノクロ写真は、裏表紙の一部を拡大したもののようだ。頭上にタイトル文字の一部が見えている。従って、特別に価値あるものではない。

inner photo

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

EXIT