Cluster
[末尾]


Curiosum (1981)

「骨董主義」とでも訳せば良いのでしょうか??行き着くところまで行き着いた(行き過ぎた?)ような、過激な作品ですね。スカスカの音にしょぼしょぼのメロディ。ちょっと凄すぎ。非常に味わい深い作品ではあるが、クラスターを初めて聴くなら、とりあえず他のアルバムをお薦めします。
本作をもって、Cluster は活動を一旦停止する。メビウスとローデリウスは、各々のソロ活動やコラボレーションを続け、1990年になって共同名義の Apropos Cluster をリリースする。

[Track List]

SKY
CD 3063

Track List : 36.52
  1. Oh Odessa 3.04
  2. Proantipro 7.01
  3. seltsame Gegend 7.34
  4. Helle Melange 3.37
  5. Tristan In Der Bar 2.55
  6. Charlic 4.27
  7. Ufer 8.14
Alle Titel von Hans-Joachim Roedelius & Dieter Moebius
aufgenommen im Mai 1981 auf dem Hamet Hof bei Wien
Produktion : Cluster
Cover : Möbi

[Listening Report]

Oh Odessa(おー オデッサ)
思いっきり奇妙な音のベースによる、単純なリフだけで構成された曲。あとは補助的なフレーズが少し入る程度である。このアルバムでは、いちばんポップ。聴けば聴くほど味のあるトラックだ。
Proantipro
前トラックを思わせるベースが、どぅんっ、、どぅんっ、、と繰り返され、電子音がホヨ〜ンと鳴るだけのトラック。Zckerzeit の3曲目を極端にした感じ。氷のチルアウト。
seltsame Gegend
音程感の薄いベース・シーケンスが不安定なリズムを刻み、バックでシンセ効果音が、小音量で鳴ってます。ちょっと不気味で、じっくり聴くと意外に緊張感がある。氷のチルアウト#2。
Helle Melange
ワルツ?です。ヘロヘロ。
Tristan In Der Bar(酒場のトリスタン)
続くトラックもワルツ?で、まるで酔っ払いのようなドタドタ、モタモタしたリズムやフニャフニャのメロディがコミカルな佳曲。
Charlic
これはワルツ。喜多郎のOASISに、同じような曲が入ってたなぁ。3曲目だったかな。
Ufer(浜辺/対岸)
前半は悲しいメロディがゆっくりと続き、終盤は電子音によるインプロビゼーションに。このトラックは音量が非常に少なく、環境によってはボリュームをかなり上げないと聞き取れないかもしれない。アナログ盤ではスクラッチ・ノイズに悩まされたに違いない。氷のチルアウト#3。

音質評価)
非常に特殊な音域ではあるが、暖かみや奥ゆかしさを感じるサウンドである。良好な音質と言えるだろう。

Cover : Möbi
前作と同レベルの、超絶シンプルジャケットです。ポートレイトが掲載されていますので、ご覧ください。

inner photo


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT