Apropos Cluster (1990)

Moebius + Roedelius
Jacket sample Jacket sample
(Curious Music CURIO 1)

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

作品紹介

本作はメビウス+ローデリウス名義だが、事実上クラスターの作品といって良いだろう。彼らの持ち味ともいうべき、ヘンテコなサウンドとリズム感の悪さは健在である。演奏内容は、1996年ツアーのものに近い。珠玉の美しさというべき前半、ユニークなインプロビゼーションの後半、どちらも聴き所だ。

Alle Titel von Dieter Moebius & Hans Joachim Roedelius

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

収録曲目

Track Time Title
1 7:27 Grenzganger
2 3:28 Emmental
3 7:01 Gespiegelt
4 3:01 Falls
5 21:51 Apropos Cluster
Total 42:48

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

曲目紹介

Grenzganger(境界線の歩行者)
スローなタンゴのような舞踏音楽??もちろんノリは悪し。しかし、何とも不思議なメロディである。
Emmental(エメ河流域地方)
アコースティック・ピアノによる、ほのぼのとした小品。もちろんバックでは、例のヘンテコな電子音が鳴っていますが。ベース・プレイヤーとして、Stanislaw Michalakがクレジットされています。
Gespiegelt(鏡の集合体?)
グロッケンシュピル系の哀愁ミニマル。例外的にノリは良く、美しいナンバーです。
Falls(滝)
ストリングス・シンセを主体とした、ワルツ風の短編。
Apropos Cluster(適切に群れを成す)
導入部は唸りを思わせるシーケンスと静的な演奏でスタートするが、6:00を過ぎると「壊れた機械」のようなビートが乱入してくる。そのいびつさは、エイフェックス・ツインやオウテカに通じるものだが、リズム感はサッパリで、単にガチャガチャ鳴ってるだけというところが、いかにも彼ららしい。以降、あまりに生々しいピアノの一打や、強烈なエレクトリック・パーカッションが唐突に鳴り響いたり、ビートとは無関係のフレーズが鳴ってたりと、フリーなインプロビゼーションになっていく。ただ、音数は少ないので、さわやかな仕上がりである。ラストの1分は「Es war einmal(Sowiesoso収録)」が演奏されます。

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

音質評価

まれにクリック・ノイズが入ることがある。

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

ジャケットについて

大理石模様を思わせるアートはメビウスによるもの。ブックレットの見開きは「真っ白」です。

Jacket photo ブックレット裏表紙の写真

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

Apropos Cluster
<−前へ.. Jacket sample Jacket sample ..次へ−>

EXIT