Soundtracks (1970/9)

Can
Jacket sample
(Spoon CD 005)

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

作品紹介

5本の映画のために録音された7曲を収録したアルバム。1969年12月、マルコム・ムーニーが精神を患ってグループを脱退、その後、オーディションをくり返し1970年5月、ストリートシンガーだった日本人ボーカリスト、ダモ鈴木が加入した。
対象となった映画は「Madchen Mit Gewalt」、「Deepend(邦題は”早春”)」、「Bottom」など。サウンドトラックということでアバンギャルド性はやや控えめであり、ポップなメロディを持つ曲が多い。

Holger Czukay:bass
Michael Karoli:guitar
Jaki Liebezeit:drums
Irmin Schmidt:keybords
Damo Suzuki:vocals on No. 1.2.4.6.
Malcolm Mooney:vocals on No. 5.7.

recorded at Schloß Nörvenich 1970
engineering and editing by Holger Czukay

inner photo

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

収録曲目

Track Time Title
1 3:27 Deadlock
2 4:03 Tango Whiskyman
3 1:39 Deadlock(title music)
4 3:42 Don't turn the light on, leave me alone
5 3:50 Soul Desert
6 14:28 Mother Sky
7 4:05 She Brings The Rain
Total 35:18

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

曲目紹介

Deadlock
映画「Deadlock」から。退廃的なムードながら実にメロディアスなナンバー。ダモ鈴木の調子っ外れなボーカルが堪能できる。
Tango Whiskyman
映画「Deadlock」から。ポップなメロディ、というよりも1970年代のアイドル歌謡っぽい曲というべきか??うん、これはまるで「泳げタイヤキ君」。
Deadlock - title music
映画「Deadlock」の主題曲。「泳げタイヤキ君」の別バージョンというべき短編インスト。
Don't turn the light on, leave me alone
映画「Cream」から。
Soul Desert
映画「Mädchen Mit Gewalt」から。
Mother Sky
映画「Deepend(早春)」から。短編ばかりの本作において、14分という異例の長さを誇るナンバー。エイトビート・アパッチ・ドラムが快走し、冒頭からハードロック的ギターが炸裂、以降はトランス状態(=快眠)になれる目玉トラックでしょう。
She Brings The Rain
映画「Bottom」から。マルコム・ムーニーのブルース・フィーリングが表現された佳曲。

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

音質評価

丁寧な録音で、年代を考慮しても非常に良好ですね。

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

ジャケットについて

画質が低いので分かりにくいですが、フィルムのコラージュです。魚眼レンズで撮影したビルディングではありません。

記事先頭 作品紹介 収録曲目 曲目紹介 音質評価 ジャケット

Soundtracks
<−前へ.. Jacket sample ..次へ−>

EXIT