ASH RA TEMPEL


Schwingungen (1972/09/01)

「初期ピンクフロイドを思わせるアーシーかつダウナーなサウンドが印象的な2ndアルバム」

サウンドは前作同様にサイケデリックだが、シュルツェの影響力がなくなり、ブルース・フィーリングが顔を出している。ドラムスのウォルフガング・ミューラーは、スティープル・チェイス・ブルース・バンド時代の仲間。ヨーン・Lはアジテイション・フリーからの参加。

King Record
KICP 2582

Track List :
  1. Litght and Darkness / Light : Look At Your Sun (6:33)
  2. Litght and Darkness / Darkness : Flowers Must Die (12:23)
  3. Schwingungen / Such & Libe (19:24)
Hartmut Enke : guitar, bass, electronics
Manuel Göttsching : guitar, organ, electronics, choir
Wolfgang Müller : drums, vibe
John L. : vocals, jaw-harp, percussion
Matthias Wehler : alto sax
Uli Popp : Bongos

Recording Engineer : Dieter Dirks
Produktion : Rolf-Wrich Kaiser

#1はブルース。ギターの音が心地良いと思っていたら、強烈なダミ声ボーカル、、、これはちょっと慣れません。でも途中のギターソロが超カッコイイ。#2は Pink Floyd のパクリ(ウマグマの太陽賛歌の中間部の効果音あたり)で始まる退廃的なジャズロック。良い演奏なのだが、ダミ声の絶叫がある。#3の前半はビブラホンと電子音による、静寂のアンビエント。でも後半はフロイドの神秘や原子心母をルーズにしたような盛り上がり。深いリバーブで浮遊感たっぷりだが、ダルい。ここはクライマックス無しで、「静」を通してほしかったと思う。

Jacket Back Jacket
Jacket Inner Jacket Inner

Spalax版(仏盤)の見開きジャケットは、未確認。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT