Ash Ra Tempel
[末尾]


gin rosé at the Royal Festival Hall (2000)

Performed at Julian Cope's CORNUCOPEA Festival, London April 2000
Friendship とほぼ同時期に発売されたシュルツェ・ゲッチングのライブ。ゲッチングがギター、シュルツェがエレクトロニクスとのスタイルを継承するが、Friendship のような悲しみは感じられない。

[Track List]

Manikin
MRCD 7409

Track List : 69.28
  1. gin rosé
[Listening Report]
KS : kb, Drummachines, Sequence and mastering
MG : The Modern Electro Hawaiian guitar, The Classic Nylon Acoustic guitar, The Timeless Fuzzy Wahwah guitar

クールでカッコイイ、トランス音楽。何パートかのメドレーになっている。 前半は静かなシュルツェ節とアンビエントなビートで淡々と進む。 浮遊感のあるギターも控えめだ。40分を過ぎて短いブレークがあり、ゲッチングのソロギターを楽しめる。 終盤になって急加速し、なだれ込むようなシーケンスとギターを堪能できる。

○ーキーの日本語解説付きバージョンは、価格(税別三千円)ネックだったが、二千円台前半で買える輸入盤を見つけたので手を打った。

見開きのコメントを転載。
Hunters and collectors all come out at night never see the light (CAN 1975)
You don't need a weatherman to know whitch way the wind blows! (bob dylan)


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT