Timothy Leary & Ash Ra Tempel


Seven Up (1972/08/01)

「ドラッグ・カルチャーの教祖ティモシー・リアリーとのセッションという形で制作された3rd。LSD決めまくりのオーヴァー・ドーズ・サウンド!」

企画盤的な色彩を強めたセッション・アルバム。ドラッグの人体実験でアメリカを追われ、スイスに亡命したティモシー・リアリー博士の声が聞ける(作詞も担当)。他にも、Tangerine Dream にも参加した Steve Schroeder や、シュルツェのオフィシャル・サイト管理者 Klaus D. Mueller もクレジットされている。

King Record
KICP 2853

Track List :
  1. Space (15:55)
  2. Time (21:37)
#2 : Live from "The Bern Festival"
Timothy Leary, Brian Barritt, Liz Elliot, Bettina Hohls (voices), Michael Duwe (voice, flute), Portia Nkomo (voice dubbed during the mix), Manuel Götsching (guitar, electronics), Hartmut Enke (bass, guitar, electronics), Steve Schroeder (organ, electronics), Dietmar Burmeister (drums), Tommy Engel (drums dubbed during the mix), Klaus D. Mueller (tambourine), Dieter Dierks (synthesizer dubbed during the mix)
Produced by Rolf-Wrich Kaiser

#1はブルース(歌入り)、ぐしゃぐしゃエフェクトかけまくりインプロ、ロックンロールが交互に現れる、たいへん楽しい曲。各パートにサブタイトルがあり、次のようにクレジットされている。Downtown-Power Drive-Right Hand Lover-Velvet Genes
#2は、前作の終盤(Schwingungen / Such & Libe 後半)を引き延ばしたような演奏。やはり、だらだらとした感じ。サブタイトルは次の通り。Timeship-Neuron-SHe

Jacket Back Jacket
Jacket Inner Jacket Inner

Spalax版(仏盤)の見開きジャケットは、未確認。


<−前へ.. [先頭] ..次へ−>

EXIT